近年日差しがきつく、熱中症や日焼けが心配ですよね。

アウトドア用のハットは、通気性やUVカット、撥水や防水使用のものが多く、日常使いにも最適です。

この記事では、アウトドアハットの選び方とその重要性について深く探求していきます。

さまざまな種類のアウトドアハットがどのような特徴を持ち、どのような活動に適しているのかを詳しく解説します。

さらに、スタイルと機能性のバランスを保ちつつ、自分に最適なアウトドアハットを見つけるためのヒントやポイントも紹介します。

アウトドア体験や日常をより快適かつ安全なものにするために、適切なアウトドアハットの選択がいかに重要か、その魅力を共に探求していきましょう。

アウトドアハットの種類

ブリムハット

特徴

前方と横方向に広いつばを持つハットで、顔や首元を広範囲に保護する。

用途

ハイキング、釣り、ビーチなど、強い日差しを受けるアウトドア活動に適している。

メリット

日差しから顔を保護し、つばが雨や風を遮る。通気性があるものも多い。

キャップ

特徴

頭部の上部を覆い、前方に短いつばを持つハット。バラエティ豊かなデザインが存在する。

用途

ジョギング、ランニング、カジュアルなアウトドア活動に適している。

メリット

軽量でコンパクトなデザイン。スポーティな印象を与えることも。

サファリハット

特徴

丸い頂部と広いつばを持ち、中央にクリース(しわ)が入ったデザイン。

用途

サファリ、トレッキング、野外イベントなどで広範囲の保護が必要な場合に適している。

メリット

顔や首元、頭部全体を効果的に保護。通気性と風通しも良い。

ボアハット

特徴

冬季に活躍するハットで、内側に暖かい素材(ボアなど)が施されている。

用途

冷たい気候や雪山でのアクティビティに適している。

メリット

保温性が高く、寒さから頭部を守る。耳もカバーするデザインもあり。

レインハット

特徴

防水性のある素材で作られたハットで、雨や湿気から頭部を守る。

用途

雨の日や湿地でのアウトドア活動に適している。

メリット

防水性があり、頭部を乾燥させる。通気性があるものも多い。

アウトドアハットの選び方

アクティビティに合わせたデザインと機能

どのようなアウトドア活動をするかによって、適切なハットのデザインと機能が異なります。

例えば、ハイキングならばブリムハットやサファリハットが適しており、ランニングならキャップが便利です。

素材の選択

ハットの素材は耐久性や快適さに影響を与えます。

通気性があるハットは頭部の蒸れを軽減し、快適さを保ちます。

通気性のある素材や速乾性のある素材を選ぶことで、汗や湿気の問題を軽減できます。

UV保護

日差しから頭部を守るために、UV保護機能のあるハットを選ぶことが重要です。

UPF(紫外線防護係数)の表示があるハットは、紫外線からの保護が期待できます。

防水・撥水素材

防水素材と撥水素材は、どちらも水をはじく性質を持つ素材ですが、微妙な違いがあります。

防水素材は水を完全に遮断し、雨や水しぶきから守るために使用されます。

一方、撥水素材は軽い雨や湿気から守るために使用され、通気性を保ちながら水滴をはじく性質を持っています。

選択する素材は、使用する状況や必要な防水性に応じて適切に選ぶ必要があります。

サイズとフィット

ハットが適切なサイズであることは非常に重要です。

締め付けすぎず、かといって風で飛ばされない程度のフィット感を選びましょう。

また、頭部の形状に合ったハットを選ぶことも大切です。

調整可能なストラップやコード

調整可能なストラップやコードがあるハットは、自分の頭部に合わせてサイズを調整できます。

風が強い日や激しい動きの際に便利です。

軽量性とコンパクトさ

アウトドア活動では持ち運びが便利なハットが好まれます。

軽量でコンパクトに収納できるハットは、旅行やアクティビティに適しています。

スタイルとカラー

ハットのスタイルやカラーは個人の好みに関わる要素です。

自分のスタイルに合ったハットを選ぶことで、快適さと見た目のバランスを取れます。

おすすめのアウトドアハット

THE NORTH FACE(ノースフェイス)ゴアテックス ハット

人気のノースフェイスから、防水透湿素材のGORE-TEX PRODUCTS素材を使用した、アウトドアハットが登場。

シームシーリング加工によって、防水性をさらに向上

レインハットとしても使用できます。

ピンと張ったやや硬めの広いツバで、雨の吹き込みを軽減します。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥5,200 (2024/07/22 20:58時点 | Amazon調べ)

NEW ERA(ニューエラ)アドベンチャーハット

普段使いもできる、ニューエラのアウトドアハット。

抗菌効果のある素材で、手洗い可能。

UVカット撥水性など機能性も抜群です。

サンシェードは取り外し可能

Columbia(コロンビア)イエロードッグマウンテンブーニー ハット

形が綺麗で、日本人に似合いやすいハットです。

軽く前後に長い楕円形の為、正面からすっきり見えます。

熱ごもりを軽減するベンチレーションや、吸水速乾素材を用いた汗止め、紫外線の98%をブロックするサンプロテクション機能オムニシェードも搭載。

高い伸縮性を誇る4WAYストレッチで快適な被り心地です。

snow peak(スノーピーク)インセクトシールドハット

キャンプや庭仕事の多い方に最適な、顔全体をカバーできるシェード付きのアウトドアハット。

米陸軍にも採用実績のあるインセクトシールド加工で、防虫性が付与されており、キャンプや登山にも活躍します。

シェードは取り外し可能で、シンプルなハットとしても使用できます。

後ろ半分がメッシュ切り替えで通気性も良いです。

NANGA(ナンガ)ナンガX47 オーロラキャップ

大人気47とナンガがコラボレーション。

防水透湿性素材”AURORA-TEX”を使用した’47定番のクリーンナップMFモデルをベースとした深めのキャップです。

光沢のある生地で、色褪せしにくく、通常使いにも最適です。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)ファイブパネルメッシュキャップ

ストレッチ性とキックバック性に優れた軽量撥水性のある素材、ノーステッククロスを使用したキャップ。

サイドにポリエステルメッシュ素材を使用し、通気性をアップ。

カラーごとに異なるグラフィックデザインもおしゃれ。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)サンシールドキャップ

撥水仕様で、ちょっとした雨にも安心で、UVカット率85%以上を確保しているサンシールド付きのキャップです。

サンシールドと顎ヒモは取り外し可能で、アウトドアと普段使いを兼用できます。

snow peak(スノーピーク)Grid Fleece Warm Cap

寒い季節におすすめの、スノーピークのウォームキャップ。

体が止まっているときには温かく、動いているときには通気性と快適さを確保する、考え抜かれたキャップです。

軽量でありながら保温力の高い素材を使用しています。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)バッドランドキャップ

冬におすすめの耳当てのついたキャップ。

耳当てはテープバックルで頭部に巻き上げることも可能です。

表地には防水透湿性に優れた生地を採用し、紫外線カット率95%以上。

タウンユースにも使いやすいデザインです。

おすすめのアウトドアハットを紹介しました

最適なアウトドアハットを選ぶ際には、自分の活動や好みに合ったデザインと機能をバランスよく考慮することが大切です。

適切なハットを選ぶことで、アウトドア体験をより快適なものにすることができます。

健康を守りながら、自然の美しい環境を楽しむ素晴らしい冒険に出かけましょう。